前へ
次へ

池袋の不動産投資にもあるデメリット

池袋の不動産投資は比較的安全な投資と言われているようですが、もちろんデメリットもあります。
不動産投資をするときには、ある程度長い期間その池袋の不動産を持つ覚悟がなければいけないようです。
株はすぐに売り買いができますが、不動産は、売りたいときにすぐに売れるというわけにはいきません。
そのように融通がきかないという点もあります。
また、家賃収入を得ようと思う場合、常に持っているマンションやアパートに部屋が満室だとは限りません。
空室が続くこともあります。
家賃を滞納する住居人が出てくるかもしれません。
そして、不動産は年とともに老朽化していきます。
修理費がかかることもあるので、修繕費などの準備もしておかなけれないけません。
このような点もあることに注意しましょう。

競売物件に池袋の不動産投資を行う場合について

競売物件に池袋の不動産投資を行う場合、先ずオークション方式による競売により、競売に出されている物件を欲しい価格で入札します。
入札者の中で最も高い金額で札を入れた人が、当該物件を入札金額で購入することができます。
そのため、入札する人が多くなれば、その分価格も高くなってしまいます。
逆に、誰も入札しないような物件には、何か問題があると見るべきでしょう。
また、競売でメリットがある価格の物件には、多くの投資家や、不動産業者も参加していますので、合理的な価格設定をして入札してくるでしょう。
こうした中で、不良物件を掴むことなく、優良な不動産物件を競売で安く手に入れるには、相当の知識や経験が必要になります。
それでも、競売にかかる池袋の不動産物件は、市場価格よりもずっと安い価格で手に入れる可能性があるため、優良な物件を落札できた場合には、非常に有利な条件で不動産投資を行うことができます。

Page Top