前へ
次へ

池袋の不動産担保ローンの不動産評価方法

池袋の不動産担保ローンは、手持ちの不動産を担保にすることで融資を受けられるものです。
融資額は、担保となる池袋の不動産の評価額によってかわってきます。
では、不動産の評価額はどのように決まるのでしょうか。
評価の基準や評価方法は業者によって違ってきますし、手順は公には公開されていません。
一般的には、地価公示価格や路線価格を参考に机上評価が出されます。
次に電話などで近隣の不動産会社に周辺の相場などの聞き込みが行なわれます。
そして、実際に申込人からローンの申し込みが行なわれた後に、現地に行き実際の不動産の調査を行い、評価額が出されることになります。
しかし、実際の評価額が融資額になるのではなく、だいたい6割から7割が融資額となるそうです。

新居は池袋の不動産屋さんに任せることに

つい先日、10年以上ぶりに高校時代の部活の仲間と再会しました。
おなじ釜の飯を食った仲間というのか、ひさしぶりとはいえ、会ったとたんに気のおけない相手に戻って、あれやこれや話し込んできました。
それぞれ30代後半を迎えて、いい年齢になり、子供のことや仕事のこと、そして池袋の不動産のことが話題に。
あるひとりは、島根の米子につい3年前にとうとう家を買ったところ、1年たたないうちに茨城に転勤。
しばらく単身赴任をして、ようやく家族が茨城にそろったとおもったら、東日本大震災が起きてまた奥さんとお子さんは米子へ。
そしてこんどはアメリカへの転勤が決まり、期間は5年間。
新居は池袋の不動産屋に管理を任せることになったそうですが、「なんのために家を買ったかわからないよな」と、思わぬ流転変転をぼやいていました。

Page Top